学園の歩み

新島学園
はじまりの物語

新島襄(1843年~1890年)の時代

同志社英学校 創立者 新島 襄 (1843〜1890)

1843年
江戸神田一ツ橋にあった安中藩主板倉家の江戸上屋敷(現学士会館所在地)にて父・民治、母・とみの間に二男四女の長男として新島襄が生まれました。幼名は七五三太(しめた)。
1864年
襄は、200年を超える鎖国ですっかり国際的競争力を失った日本を憂い、欧米の文化、思想、キリスト教の勉強を目的として密出国しました。当時21歳のことです。
1865年
ボストンに到着した襄は、その明晰な頭脳と向上心を買われ、裕福な船主・ハーディー夫妻の援助により、アメリカ東部の名門校・フィリップスアカデミー、アーモスト大学、アンドーヴァー神学校でキリスト教やリベラルアーツを学びます。
海外での勉強と経験を通して、襄は、日本の復興には「良心を持った優秀な人材の育成が大切である」と確信し、帰国してキリスト教を基本とする学校を設立し、人材を育てようと決心します。
1874年11月26日
アメリカから帰国した襄は、一路、両親の住む上州安中へ向かいます(安中到着11月28日)。
安中での約一カ月滞在の中で、アメリカの文化やキリスト教の講義を龍昌寺や集会場で行いました。その聴講者の中に、湯浅治郎(当時24歳)という人物がいました。
1878年
襄は安中にて湯浅治郎をはじめとする30名の求道者に洗礼を授けます。彼ら30名は「襄の蒔いた種」となり、安中教会を設立します。

湯浅治郎(1850年~1932年)の時代

有田屋三代目当主、群馬県会議員、衆議院議員、同志社理事 湯浅 治郎 (1850〜1932)

治郎は、安中で「有田屋」という味噌醤油醸造・販売業を営む商家の長男として生まれました。
13歳の頃から漢学を学ぶために松井田にある「岩井塾」に通い、1872年には日本初の私設図書館「便覧社」を安中に設立するなど、教育に熱心な人物でした。

群馬県議会議長、日本鉄道理事、国会議員 (大蔵予算委員長) の要職に就きますが、1890年に新島襄が亡くなった後、全ての要職をなげうって同志社の経営のために京都に移り住み、20年間、無給でその経営に尽力しました。

湯浅治郎の言葉

「人間はコスモポリタンでなければならない」
「右手のしたことは、左手に知らせず」

※自分の功績は、全くと言っていいほど人には伝えなかったと伝えられています。

1926年
安中教会50周年を機に、安中に「新島学園中学校開設計画」があるとの記事が東京朝日新聞に掲載されました。
1927年
住谷天来 (甘楽教会牧師) が、教会誌「聖化」第1号に「新島学園中学校」に関する記事を掲載しました。

新島襄のような人格者を養成する事を主眼としたキリスト教主義の中学校を」
と湯浅治郎を筆頭に、有志がその計画を立てる。

(甘楽教会誌「聖化」第1号より)

また、渋川教会栗原陽太郎牧師が、安中教会別館にて、郷土の偉人新島襄を記念する新島中学の設立を訴えます。
この運動に献金12円が集まり、安中教会金蘭青年会が「新島中学校設立基金」として管理しました。
同じ年、柏木義円 (安中教会牧師) が、「上毛教界月報」340号に「共愛女学校と新島中学校」を発表します。

「主義をもって、私立学校を作るならば、
それを維持するのにばかり心を裂いたり、国や一般人気に気を使い過ぎたり、
生徒の数が減るのを恐れていては、到底主義主張に立つ学校は出来ない。
新島先生の名を使うからには、そのことに深く考慮しなければならない」

(「上毛教界月報」340号より)

1932年
湯浅治郎が逝去し、治郎の思いは息子三郎へと受け継がれました。
1933年
「新島中学設立基金」は24円までに増えました。

湯浅三郎(1877年~1945年)の時代

有田屋四代目当主、安中町長、群馬県会議員 湯浅 三郎 (1877〜1945)

湯浅三郎は治郎の次男として生まれ、長男一郎が画家となったため家業を継ぐこととなりました。
三郎は安中町長26年間、県議会議員14年間務め、地方電力や金融機関にも貢献しました。

1945年
「この家の財産は、公共のために使え」という言葉を残し、逝去しました。
この時、息子の正次は亡父の遺志として「新島学園中学校」を設立したいと表明し、私財の三分の一にあたる50万円を設立に使用する考えを披露しました。

そして、正次は安中教会牧師館を訪れ、江川栄牧師に「新島襄を記念する学校を起こしましよう。」と告げたのです。

新島中学校設立の夢は、ついに動き始めました。

湯浅正次(1911年~1999年)の時代

有田屋六代目当主、第3代安中市長、学校法人新島学園第2代理事 湯浅 正次 (1911〜1999)

三郎の五男として生まれた正次は、1927年、旧制中学在学中に安中教会基督教青年会機関誌「金蘭」に新島学園中学設立論を投稿していました。

「新島襄、ゆかりの地に、その精神を受け継ぐ学校がないのは不思議である。
現在の学校は、物質的な面ばかり追い、精神的なことを忘れがちである。
新島先生の精神に立脚したキリスト教的の学校を作るのが、
我々の務めではではないか」

(安中教会基督教青年会機関誌「金蘭」より)

1945年
正次は新島襄の精神を建学の基盤とする中学校を新設することを表明し、1946年には新島学園中学校設立認可申請書及び財団法人新島学園設立許可申請書が提出されました。
1947年3月
そして、ついに設立の認可が下り、同年5月、安中市に新島学園中学校を設立しました。
5月5日、荘厳な安中教会・新島襄記念会堂で入学式が開かれました。
初代校長兼理事長に湯浅八郎が就任。第1回の入学生は中学一年に45名、二年に37名、教職員は10名でした。

初代新島学園理事長、第十代・十二代同志社総長、国際基督教大学初代学長 湯浅 八郎 (1890〜1981)

「Not another school but only this school.
(他にはない、唯一の学校を。)」

(新島学園開校時、湯浅八郎から山崎金治郎教頭へ伝えたとされる言葉)

「この方々は、比の学校に働くことを生涯の使命と考へ、或いはかねて期る学校の出現に憧れを持たれ、
或いは自ら進んで比の学校に協力を申し出でられました。」

(江川栄、入学式挨拶より)

こうして、新島襄が上州安中に一粒の種を蒔いてから73年後、その種は地上へと芽を出したのです。

1983年
新島学園中学校・高等学校を母体とした新島学園女子短期大学を開学(2004年共学化)。
襄をはじめ先達の残した教えは、時代とともに変化する学園においても変わらないものとして今も受け継がれています。

写真で見る
新島学園の歴史

1947年

第1期となる中学2年生37名。
同時に第2期生となる中学1年生45名も入学。

入学式は安中教会で行われた。

初期仮校舎の一部。

1947年

セスナ機より航空写真を撮影した。

本校校舎。
5月に屋根をスレートに吹き替えた。

正門門柱は現在も残されている。

1947年

6月4日、ライシャワー駐日アメリカ大使夫妻が、高崎経済大学での公演後に来校。 新島学園にメッセージを送った後、新島襄の遺品を見学した。

1947年

新島学園聖歌隊シャロンコールが開催した「第3回うたう会」の様子。 群馬音楽センターで開催され、約1500名の入場者を集めた。同志社中学校・高等学校オルフォイスグリークラブとの共演。

1947年

創立40周年記念事業として、新礼拝堂と塔が完成。

旧礼拝堂は1953年から1985年まで使用。
新礼拝堂が完成するまでは体育館で起立のまま礼拝を行った。

1947年

スイス・クーン社制作のパイプオルガンが奉献される。9月には関係者を集めた式典が催され、新進のオルガニスト、ヴォルフガング・ジーバー氏による演奏が行われた。

沿革

1947年
3月
財団法人新島学園認可
5月
安中の碓氷川河畔に男子校の新島学園中学校開校
1948年
4月
新島学園高等学校・及び附属中学校に移行
5月
学生歌「晴れわたる青空」制定
1951年
3月
学校法人新島学園に組織変更
新島学園高等学校高等学部・同中学部に改称
1952年
3月
高等学部第1回卒業式挙行、卒業生34名
1958年
9月
校歌「育英の伝えの地に」制定
1968年
4月
中学部・高等学部各第1学年から男女共学
1971年
2月
新島学園高等学校・新島学園中学校に改称
1976年
3月
第1回アメリカ語学研修旅行、国際交流開始
1983年
4月
短大新島学園女子短期大学国際文化学科開学
11月
短大実践家政経済専科学校(台湾)と姉妹校提携
1984年
2月
短大短期留学(アメリカ合衆国、台湾、フランス)開始
1985年
2月
短大アジア(タイ)スタディツアー開始
1986年
4月
短大日本文化コース新設
6月
短大ブルゴーニュ大学(フランス)と姉妹校提携
9月
短大州立テネシー大学マーティン校(アメリカ合衆国)と姉妹校提携
1988年
2月
中高中学校・高等学校の新礼拝堂完成
1989年
2月
短大放送大学と単位互換の協定結ぶ
1990年
9月
中高礼拝堂内にパイプオルガン設置
1993年
2月
短大イギリス短期留学、国内スタディツアー開始
3月
短大短大校舎グレースホール完成
5月
短大短大開学10周年記念式典挙行
     
1994年
2月
短大韓国スタディツアー開始
1995年
6月
短大エヴァンズビル大学(アメリカ合衆国)と姉妹校提携
1997年
11月
新島学園創立50周年記念式典挙行
1998年
7月
短大チェスター大学(イギリス)と姉妹校提携
2001年
4月
短大現代情報コース新設
2002年
4月
短大英語メディア、現代情報、日本文化の3コースとなる
2004年
2月
短大短大開学20周年記念式典挙行
4月
短大国際文化学科を改組し、キャリアデザイン学科新設
保育学科新設
大学名を新島学園短期大学と変更し、男女共学制とする
2006年
4月
短大保育学科を改組し、コミュニティ子ども学科新設
2007年
5月
新島学園創立60周年記念式典挙行
2009年
8月
中高フィリアホール完成
2013年
12月
中高ユネスコスクールに認定
11月
短大短大開学30周年記念式典挙行
2014年
3月
中高eラーニング導入とグローバル教育を実施
2015年
5月
短大短大校舎コルヌイエ・ホール(アリーナ、多目的室)完成
2017年
4月
短大コース制導入
5月
創立70周年記念開校記念礼拝・講演会実施

設置校

新島学園中学校・高等学校

すべては、生徒の成長のために
生徒を一人の人間として、豊かに成長させたい

新島学園短期大学

自分の将来に適した”学び”を選択
卒業後の進路を確かで豊かなものに

  • 新島学園は70周年を迎えました。
  • 新島学園同窓会
  • 新島学園同窓会