理事長あいさつ

はじめに

戦後間もない混乱期にあった上州安中の地に、多くの人の祈りと支えによって1947年5月に中学1年生45名、中学2年生37名、教職員10名で産声を上げた新島学園は、これまでに、約13,000名の卒業生を輩出、「地の塩、世の光」として国内外で活躍されております。

今日を迎えるまでの本学園の歩みは、先人をはじめとする歴代の教職員による建学の精神である「新島襄の精神とキリスト教の精神」を大切にした学びの実践と、その精神を受け継いだ同窓生の皆様、関係者の皆様のご尽力によって支えられ発展し伝統が守られております。
この伝統こそ、次世代に引き継ぐべき我々の大切な宝であると認識すると共にこの宝が神様からの大きな祝福によって守られていることに改めて感謝申し上げます。

そして、この度新島学園は、2017年に創立70周年を迎えました。

学校法人新島学園 理事長 湯浅康毅

創立70周年記念テーマ「種を蒔く」

新島学園の最大の価値資産というものは、この学園名の由来となり、建学の精神の基盤となる「新島襄」であります。 新島学園の起源は、新島襄が明治7年(1874年)に、安中の地に福音の種を蒔いたことが全ての始まりであり、この度迎えました70周年とは、この時から始まる約140年の源流を歩む中での70周年であります。
新島襄の”蒔かれし種”を育てる人がいて、その種を受け止める大地があって、この新島学園独特の空気を生み出しており、今でも我々は、新島襄ムーブメントの源流を歩み続けております。

今回の70周年では、学内的には中高短大法人本部の学校法人としての一体感を酬成し、「建学の精神」を再確認することによって、更に100年に向かっての使命と誇りを新たにしようと思います。
一方、対外的には「伝統校・新島学園」としての文化や価値を可視化しブランド化して発信していきたいと考えております。
この中で、新島学園らしい取り組みを、新しい価値づくりを加速させ、そして、これらの取り組みを私の目指すこの学校のミッションである「一生もの」を学ぶことができる「人生の根底に触れる学び舎」づくりの大きな一歩に繋げていきたいと思っております。
今後、この創立70周年記念事業は、2016年のプレ・イヤーから始まり、2017年のメイン・イヤー、2018年のアフター・イヤーの3年間に渡って実施して参ります。
この度の10のプロジェクトを通し、共に担い合い、共に歩み、共に学び、未来へと続く新たな「種蒔き」を共に行って参りたいと思います。
ご支援下さる皆様並びに本学園同窓生をはじめ保護者の皆様には、これからも志を共にする「学園の同志」として共に歩んでいただければ幸いに存じます。

設置校

新島学園中学校・高等学校

すべては、生徒の成長のために
生徒を一人の人間として、豊かに成長させたい

新島学園短期大学

自分の将来に適した”学び”を選択
卒業後の進路を確かで豊かなものに

  • 新島学園は70周年を迎えました。
  • 新島学園同窓会
  • 新島学園同窓会